menu

及川病院

私たちは患者さまの気持ちをイチバンに考えた医療を心がけております。
患者さまのお悩みは、みなさん違います。個人に合わせた医療を提供します。

及川病院

病院案内

病院概要

名称 医療法人にゅうわ会 及川病院
所在地 〒810-0014
福岡県福岡市中央区平尾2丁目21-16
TEL 092-522-5411
代表者 院長 及川 達司
認定 ■日本乳癌学会認定研修施設
■日本乳癌学会認定専門医所属病院
■マンモグラフィ検診精度管理中央委員会
 画像認定施設
■マンモグラフィ検診精度管理中央委員会
 評価A放射線技師所属病院
■公益財団法人日本医療機能評価機構認定病院
診療科目 乳腺外科
乳腺化学療法内科
乳腺心療内科
乳腺リハビリテーション科
緩和ケア内科
麻酔科
放射線科
病棟 乳腺一般病棟 21床
緩和ケア病棟 15床
診療時間 平日 9:00~18:00
土曜 9:00~17:00
お昼休み 13:00~14:00
休診日 日曜・祭日
(急患の方は時間外も受け付けます)
面会時間 10:00~21:00
(緩和ケア病棟は24時間面会可)
感染状況により変動しますので最新の状況をご確認ください
お会計について 入院費、遺伝子検査(自費)のみクレジットカードがご利用いただけます
※外来診療費にはご利用いただけません
【クレジット対応会社】VISA、Master、JCB、American Express、ダイナース

施設のご案内

及川病院では女性のために心くばりをした施設づくりを行っております。
1階には乳腺専用待合い室、女性専用化粧室をもうけています。
また、3階はクラシックローズをテーマカラーにした女性専用病棟となっております。
乳腺専用待合い室
1F 乳腺専用待合い室
女性専用化粧室
1F 女性専用化粧室
面談室
1F 面談室
外来受付
1F 外来受付
更衣室
1F 更衣室
診察室
1F 診察室
X線室
1F 超音波検査室
マンモグラフィ超音波検査室
1F マンモグラフィ検査室
CT室
1F CT室
手術室
2F 手術室
リハビリテーション室
2F リハビリテーション室
医療連携相談室
2F 医療連携相談室
光庭
3F 光庭
食堂・談話室
3F 食堂・談話室
病室
3F 病室
ルーフガーデン
4F ルーフガーデン
談話室
4F 談話室
病室
4F 病室

病院食へのこだわり

私たち栄養科は、管理栄養士1名 調理スタッフ7名で「おいしく・楽しく・安心な食事」を理念に、毎日厨房で食材たちと向き合っています。また、患者さまに食事を見た目でも楽しんでいただきたいという思いから、食器には陶磁器を使用しています。

しかも私たち自ら有田などに赴き、実際に見て触って持って、色合いや手触り重さなどを確かめて選んでいます。
入院中は気が滅入りがちですが、食事の時間は少しでも楽しんでいただけるよう栄養科スタッフ一同心を込めて調理しています。

担当医師一覧

参加臨床試験

登録期間中

  • ゲノム不安定性を示す遺伝性疾患群における新規原因遺伝子変異の探索
  • 乳がん症例における循環癌細胞の単離とそのDNA修復活性の測定法の確立
  • HER2陽性進行・再発乳癌におけるトラスツズマブ、ペルツズマブ、タキサン併用療法と
    トラスツズマブ、ペルツズマブ、エリブリン併用療法を比較検討する第Ⅲ相臨床研究(JBCRG-M06(EMERALD))
  • フルベストラント使用中に病勢進行したホルモンレセプター陽性進行・再発乳癌患者に対する、
    パルボシクリブ追加投与の有効性の検討 -多施設共同臨床試験ー (JBCRG-M07(FUTURE))
  • CurebestTM 95GC Breastを実施した乳癌患者の症例登録研究
    『お知らせはこちら』
  • 終末期乳がん患者における予後規定因子の後方視的解析
    『お知らせはこちら』

登録終了・追跡調査中

  • HER2陽性の進行・再発乳癌に対するペルツズマブ再投与の有用性を検証する第Ⅲ相臨床研究
    -ペルツズマブ再投与試験ー(JBCRG-M05(PRECIOUS))
  • HER2陽性乳がん患者におけるctDNA検出と治療効果予測に関する研究
  • ホルモン受容体陽性且つHER2陰性の原発乳がんに対するドセタキセル/シクロフォスファミド(TC)療法、
    5-フルオロウラシル/エピルビシン/シクロフォスファミド(FEC)-TC療法、
    TC-FEC療法による術前化学療法のランダム化試験(JBCRG-09)
  • HER2陽性の原発乳がん患者を対象とした補助療法としてトラスツズマブの有効性を検討する観察研究
    -コホートⅠ(JBCRG-C01)
  • HER2陰性の手術不能又は再発乳がん患者を対象とした
    ベバシズマブとパクリタキセルの併用療法の有用性を検討する観察研究(JBCRGーC05(B-SHARE))
  • 閉経後乳がんの術後内分泌療法5年終了患者に対する
    治療終了とアナストロゾール5年延長のランダム化比較試験(N-SAS BC05(AERAS)
  • エストロゲン受容体陽性HER2陰性乳がんに対するS-1術後療法ランダム化比較第Ⅲ相試験(POTENT)

乳がん手術症例数

2021年 原発乳がん手術数 275例
内、乳房温存手術数 153例(55.6%)
センチネルリンパ節生検数 230例
2020年 原発乳がん手術数 270例
内、乳房温存手術数 144例(53.3%)
センチネルリンパ節生検数 226例
2019年 原発乳がん手術数 272例
内、乳房温存手術数 158例(58.1%)
センチネルリンパ節生検数 227例
2018年 原発乳がん手術数 255例
内、乳房温存手術数 147例(57.6%)
センチネルリンパ節生検数 203例
2017年 原発乳がん手術数 222例
内、乳房温存手術数 135例(60.8%)
センチネルリンパ節生検数 169例
2016年 原発乳がん手術数 228例
内、乳房温存手術数 153例(67.1%)
センチネルリンパ節生検数 143例
2015年 原発乳がん手術数 205例
内、乳房温存手術数 157例(76.6%)
センチネルリンパ節生検数 175例
2014年 原発乳がん手術数 172例
内、乳房温存手術数 137例(80%)
センチネルリンパ節生検数 142例
2013年 原発乳がん手術数 172例
内、乳房温存手術数 142例(83%)
センチネルリンパ節生検数 134例
2012年 原発乳がん手術数 141例
内、乳房温存手術数 111例(79%)
センチネルリンパ節生検数 118例
2011年 原発乳がん手術数 128例
内、乳房温存手術数 100例(78%)
センチネルリンパ節生検数 102例
2010年 原発乳がん手術数 107例
内、乳房温存手術数 83例(77%)
センチネルリンパ節生検数 87例
院内感染対策に関する取組事項
患者さまの権利と義務

092-522-5411

診療時間 平日 9:00~18:00 / 土曜 9:00~17:00

お問い合わせ
検診予約